ブルートゥースって何?

ブルートゥースという言葉がスマートフォンやタブレット画面に表示されています。

<ブルートゥースのアイコン表示>

ブルートゥースって何?と思われる方もいるのでは?

ブルートゥース(Bluetooth)とは、デジタル機器用の近距離間データ通信の無線通信規格の一つです。

数メートルから数十メートル程度の距離のデジタル機器間で、電波を使い簡易な情報のやりとりを行うのに使用されています。

無線で思いつくのがWifi無線です。Wifiも無線通信規格の一つですが、複数のデジタル機器を無線接続でき、かつ高速で通信できます。一方、ブルートゥースは、Wifiに比べ速度は遅く、一対一の無線通信ですが、消費電力が少ないのがメリットです。

よって通信速度あまり速くなく、消費電力が少ない近距離間データ通信として幅広く利用されています。

例えば
・パソコン本体とキーボード
・スマートフォンとパソコン
・スマートフォンとテレビ
・スマートフォンとイヤホン
・デジタルカメラとスマートフォン
・AVアンプとスマートフォン

上記のようにデジタル機器間での一対一の通信接続ができます。
またブルートゥースにより無線接続する時には、接続するデジタル機器同士でペアリングと呼ばれる簡単な接続操作で使用できます。

ブルートゥースって意外に便利、使用デジタル機器で気づかないうちに使用しているかも!

SNSでもご購読できます。